晴れるやハーレーるや
バイクライフや映画、料理、育児など思うところを徒然なるままに・・・
ブレイブ
ブレイブ
「ブレイブ」

貧困に苦しむネイティブアメリカンの部落。
家族にいい暮らしをさせてあげたい。
そのために自分の命を差し出す。
「ブレイブ」それは死の拷問に挑む「勇気」・・・

「あり」だろうか?
僕の中では「なし」だ。

それで残された家族は幸せになれるのだろうか?
愛だけじゃ食べていけない?
それでも、貧しくても、愛する人と一緒にいられるほうがいい。
僕はそう思う。

いちばんの幸せってなんだと思う?
きっと人それぞれなのだろうけど。

お金に不自由しない生活?
名声や名誉?周りからチヤホヤされること?
何にも束縛されないこと?
愛する家族がいること?
大切な人が幸せでいてくれること?

なら、大切な人の幸せっていったい何?

ただ、一概に「NO」と言えないのは、
彼の決断は家族のためだけではないということだ。
人種差別という言葉では全く足りない。
未来に絶望しか見えない暮らし。
想像を絶するものだろう。
それでも生きていく。
生きるために死を選ぶ。
彼はまさに救世主だ。
彼に課せられた運命の過酷さを思う。

この映画で本当に伝えたい「ブレイブ」は別にあると感じた。
台詞にも「Brave」って出てくるでしょ。
そこだっ
その熱い魂は受け継がれていくのだ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こりゃこりゃ、是非見てみたい映画ですね。。。。

同じく「闇の子供たち」もタイの臓器売買や売春をテーマにそれこそ命や身体を幼い子が家族のために投げ出す力作ですが、見終わった後決して後味の良くないこの映画がじわ~~~~~っと日本でひろがりつつある事に、人々の意識を感じます。
さあ、じゃあ、自分は何が出来るんだろう・・・・・こう言った映画を見た後はいつも思ってしまいます。。。でも多くの人がこの現実を一瞬たりとも考えて自分の行動を振り返るって事が大きいのかもしれません。。。
【2008/09/28 14:45】 URL | さすらい #- [ 編集]


さすらいさん>
見てみてくださいな~
過剰な演出がないところが、かえって現実味を増しています。

「闇の子供たち」、そのストーリー、どこかで見たか聞いたかしたような・・・
映画を見て、今まで知らなかった世の中を見たりすることってありますよね。
考えるだけじゃなくて、行動する人はすごいと思います。
機会があったら見てみますね。
【2008/09/29 00:00】 URL | しろきんC #DUuuUN8o [ 編集]


しろきんさん、解説うまいね~
文章力あるねv-218
【2008/10/02 21:06】 URL | Mark #Y2kgqtPU [ 編集]


Markさん>
そんなことないっすよ~
作文が一番苦手でした。特に読書感想文・・・
【2008/10/02 23:22】 URL | しろきんC #DUuuUN8o [ 編集]


早速観ていただいたようで♪
嬉しいです!

というか・・・
しろきんCさん、解説上手すぎです!!
【2008/10/06 23:16】 URL | ゆな #- [ 編集]


ゆなさん>
観ましたよ~^-^
いやぁ、そんな上手くないですよ。
これだけ書くのに結構時間かかってますから^^;
【2008/10/06 23:59】 URL | しろきんC #DUuuUN8o [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://harleyruya.blog24.fc2.com/tb.php/389-856cba8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

しろきんC

Author:しろきんC
ハーレーからインディアンに乗り換えちゃった40代のオヤジです。
ツーリングに、キャンプにGO!
と言いたいところだけど、最近はほぼ育児ネタです。

愛車:SCOUT



ブログ検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード