晴れるやハーレーるや
バイクライフや映画、料理など思うところを徒然なるままに・・・
お食い初め
お食い初めの席
お祖父ちゃん、お祖母ちゃんを招いて、レミのお食い初めをしました。
こんな儀式があるなんて、子供が生まれるまで知りませんでしたよ。
儀式全般に疎いです

場所は梅の花 青葉台店。
レミにはお食い初め用の懐石、大人たちは花かご弁当でお祝いです。
ここは豆腐懐石のお店で、駅のすぐ近くとは思えない、
落ち着いた雰囲気のお店です

お赤飯を口に持っていったり、鯛を口に持っていったり、
忙しい儀式でしたが無事に終わりました。
みなさんも食事を楽しめたようでよかったです

さて、ミルク飲まない事件のその後です。
ミルクの時間になって、
哺乳瓶を口に持っていく。
→指しゃぶりを止めない。
→しばらくプレイマットで遊ばせる。
→哺乳瓶を口に持っていく。
→指しゃぶりを止めない。
→しばらくプレイマットで遊ばせる。
→・・・
そんな繰り返しで2日間
3日目の朝からは、ミルクを飲む体勢にして哺乳瓶をチラつかせると
指しゃぶりを止めて、口に持っていくと素直に飲むようになりました。
学習しましたね~

それから、ミルクを飲んだ直後に吐き戻しがあったのですが、
これは哺乳瓶の飲み口の劣化が原因でした。
劣化したせいで早飲みになってしまい、処理できなかった分が
吐き戻されていたというものです。
新しい飲み口にして解決です

スポンサーサイト
右手で掴むのね~
カエルさんを掴む
自分で手を伸ばしてカエルさんを掴んでますよ~
成長の早さに驚かされますな~

さて、一週間くらい前からミルクを飲むことを嫌がるようになりましたな
以前は哺乳瓶を口に持っていくとすぐに吸い付いていたのだけど、
最近は舌でべ~ぇって押し出して指しゃぶりを始めてしまいます。
指しゃぶりとのせめぎ合いの末、飲み始めればほぼ飲み切ってくれるけど、
飲み始めまでが長くてどうしたものかと・・・

何かアドバイスはないかとネットで調べてみると、
たくさん出てきましたな~

嫌がるのに飲ませていると本当のミルク嫌いになってしまうらしいので、
気を付けないといけないようですね。

一番目を引いたのは、肥満への自己防衛というもの。
ミルクを飲み過ぎている赤ちゃんは内臓に負担がかかっています。
それを感じ取り、内臓への負担軽減と肥満防止のために、
自ら飲まなくなるというのです。

内臓への負担を考えて、3時間は授乳の間隔を空けるようにしているけど
どうなんだろう?
そういえば、月齢から見て適正体重とは言われたけど、
身長は低めだと思うんですよ。
つまり、身長の割に太目ではないかと。

試しに湯冷ましを飲ませてみると、嫌がることなくスッと飲み始めた
ではないですか
ミルクを飲ませすぎていたのかな!?
すんなり飲んでくれたことに、なんだか涙が出てきました

そのほか調べてみると、
どうやら月齢3か月くらいでいろいろ変わってくるみたいです。
満腹中枢が働いてきて、飲む量を自分で調整するようになり、
その結果、飲む量が減ったり。
味覚が働いてきて、ミルクの好き嫌いが出てきたり。
飲み口の好き嫌いが出てきたり。

うちの場合、湯冷ましは抵抗なく飲んだので、飲み口が原因では
ないようです。
満腹中枢が働いてきてということなら、哺乳瓶をくわえることすら
嫌がるとは思えない。
ミルクの味に飽きてきた可能性はあるのかも?
母乳はママの食べたもので日々味が変わるけど、ミルクは常に
同じ味なので、飽きる子がいるらしいです。

いつも機嫌はいいからそんなに心配はしてないけど、
ちょっと試行錯誤が続くかもです

初の注射で大泣き
すくすく育ってます
最近は顔を見て声をかけるとときどきニコっとするのね~

1ヶ月前にロタウイルス、今日はヒブと肺炎球菌の予防接種を受けてきました。
ロタウイルスは口から飲むタイプなので、今日が初の注射です。

どうなるかな~と思ったら、やはり大泣き
生まれて一番の大泣きでしたな
これで病気から守られるのだから、我慢しておくれ~

さて、最近、ちょっとおデブなのかな~って気になってました。
そこで先日、保健師さんに来てもらったときに聞いてみました。
すると、体重5270gで標準的。
体重の増え方も標準的。
心配なしです。よかった~



プロフィール

しろきんC

Author:しろきんC
ハーレーからインディアンに乗り換えちゃった40代のオヤジです。
ツーリングに、キャンプにGO!
と言いたいところだけど、最近はほぼ育児ネタです。

愛車:SCOUT



ブログ検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード