晴れるやハーレーるや
バイクライフや映画、料理、育児など思うところを徒然なるままに・・・
メディスンバッグかヒップバッグか?
メディスンバッグを検討中です。
何に使うかというと、ツーリングのときに高速チケットとカードを入れようと考えてます。

求めることとしては、
・高速チケットとカードが入る。
・グローブをしたまま簡単に片手で開けて取り出せる。
・シートに座ったときに邪魔にならない。
・革ジャンと似合う。
・革ジャンと干渉しない。

気になる点としては、
・雨が進入しないか?
・カードが使えない有料道路の場合に小銭をどこに持っておくか?

昨日、アメ横に行って幾つか見てきました。
やはりカードを取り出しやすいということを考慮すると、深さの浅いもの。
高速チケットは曲げて入れればOKでしょう。

そういうのはあったんだけど、ちょっと疑問が・・・
ベルトからぶら下げるタイプのって、ブラブラしてるから中身を取り出しづらいのでは?
背面でベルトに固定するタイプなら、もう一本斜めにベルトして付ければOKかな?
蓋が硬いと開けづらいよなぁ。

そんなことを考えているうちに、ヒップバッグもありかなという気持ちになってきました。
口がジッパーになっていて、ガバッと開くやつです。
取り出し易さならこっちかもな~

もうちょっと悩んでみるわ
スポンサーサイト
18ヶ月点検
愛馬の18ヶ月点検をしてきました。
リアタイヤがもうすぐ交換時期ということでしたが、
それ以外は特に問題な~し

カモ3羽 仲良く並んでお散歩中
待ち時間に散歩していたらカモさんもお散歩してました。
のんびりしてていいわ~

ここで最近お気に入りの某CM曲。

アヒルン♪ルン♪ アヒルン♪ルン♪
僕た~ち~は~
一生 一緒さ
アヒルン♪ルン♪ルン♪ルン♪
クィッ クィッ クィッ
クワッ クワッ クワッ
アヒルのワルツ~
革ジャンのジッパー
付けてみました 針折れた
革ジャンのジッパー、ちょっと開けづらいのでつかむところを伸ばしてみました。
もちろん革でね。
これで冬用グローブしていても開け易い♪
とはいっても、グローブしたまま中身を取り出すのは困難・・・
付けてから気が付きました
まぁ良しとしましょ!

縫ってたら針が折れました・・・
普通の針だったからしょうがないのかな。
水上奥利根スキー(2日目)
雪降ってるぜ♪ 湯テルメ・谷川
2日目の朝。
頭痛い・・・ちょっと気持ちわる・・・
二日酔いです。

カーテンを開けると雪が降ってました♪
おばちゃんの言ったとおりです。
10cmくらい積もってます。
やっとスキーしにきた雰囲気が出てきましたね~

ときどき風が強く吹いているのでフェイスマスク着用。
薬を飲んだので二日酔いも吹っ飛び準備OK!

早速リフトで頂上へ。
天気も雪質も昨日とは全然違いますね~

しばらく滑った後は小さなジャンプ台へ。
スプレッドもどきをキメてみました。やったぜ~

昼食後もちょっとジャンプ台で遊んで派手に転んだり。
ジャンプ楽しいっす(^ー^)

切り上げて宿で着替えさせてもらって温泉へ。
湯テルメ・谷川。
混んでいたけど露天風呂が良かったです。
眼下の谷川の流れる音。
雪化粧した木々。
音もなく舞い降る雪。
雪が肩に降るとひんやりして気持ちよかったりする。
ぬる目のお湯にのんびりつかっていられました。

温泉を後にして帰路に。
途中、高速区間をちょっと運転しました。
その間、ほとんど渋滞・・・
1年半ぶりの車の運転だったのでちょっと不安もあったけど、
無事にドライバー交代。
三芳PAで晩飯を食べて帰宅となりました。

インフルエンザはあったけど、事故も無く、怪我も無く、
楽しいスキーでした~
筋肉痛はかなりひどいけどね
水上奥利根スキー(1日目)
奥利根スキー場
水上奥利根スキー場でスキーしてきました。

今回は車3台。
1台は家族で日帰りのため朝早く出発。現地で落ち合う予定。
残りの2台は泊まり組。連携ミスもあって遅れたけど無事に集合。いざ出発!

関越に乗ると早くも渋滞気味・・・
嵐山あたりまで来た頃、先発隊から連絡が。
子供がインフルエンザだってよ~
水上まで来て病院に連れて行って分かったとこのことで、
とんぼ返りだそうな。
お大事に。

花園を過ぎた辺りから流れもスムーズに。
寄居PAで昼飯をとって、後は一気に水上へ。
水上で高速を降りてスキー場へ向かう。
雪の気配なし・・・
だいぶ走ってきて、日陰にちょっと残ってるぐらいになってきた。
僕らスキーしに来たんだよね?
スキー場の近くにある「最後のコンビニ」のおばちゃんの話では、
ここ40年でこんなことは初めてだそうな。
今年の暖冬はかなりの異常気象みたいですな。

雪らしい雪を見ないまま宿に到着。
着替えてスキー場へ。
さすがにスキー場には雪がありました。
でもところどころ土が見えてます。スキーシーズン真っ只中なのに・・・

いい天気です。
奥利根スキー場はそれほど広くはありません。
二つのリフトで一気に頂上へ。
久しぶりなのでちょっとオッカナビックリ。
オッカナビックリだからいろいろ悪い癖が出ちゃってます。
あ~でも楽しい~

5時半まで滑って宿で晩飯。
ナイターはどうしよっか?
ちょっと保留してとりあえず風呂。
風呂から上がったらもうヘロヘロです。
疲れきって、ナイター滑れる体力は残ってましぇ~ん
みんなでワイワイ楽しく飲んで寝ました。

宿のおばちゃんの話では明日は雪が降るらしい。
夜空にはオリオン座が輝いてますが・・・
ALWAYS 三丁目の夕日
ALWAYS 三丁目の夕日
「ALWAYS 三丁目の夕日」

東京タワー完成間近の、活気と人情が溢れる下町が舞台。
青森から集団就職で上京した娘、
その勤め先の熱く短気な社長と家族、
向かいで駄菓子屋をしながら執筆活動をする売れない作家、
ひょんなことから預かることになた男の子、
そんな面々が時に肩を組み、衝突し、泣き、笑い、
繰り広げられるエピソードに心温まる映画です。

ネタバレ注意

幾つかあるエピソードのうち最も中心となるのは、
売れない作家・茶川と預かった男の子・淳之介のエピソードだろう。

全くの赤の他人。淳之介を邪気にしていた茶川だったけど、
淳之介が茶川の作品のファンであることが分かったことで、
二人の距離がグッと縮まる。

学校での淳之介とクラスメートの関係もそう。
小説を書いてることが分かっただけで友達ができた。

人と人が仲良くなれるかどうかなんて、
ちょっとしたきっかけなんだと思う。
その瞬間にどれだけジャンプできるか。
そこのところが僕は苦手だけど。

子供たちの演技も光っていた。
淳之介がサンタクロースから万年筆をもらった時の目の輝きが本当に嬉しそうで。
最低限の生活水準は必要だと思うけど、貧しくったっていいんです。
心から喜べることがあれば。

終盤、淳之介が本当のお父さんのところから茶川のところに戻ってくるシーン。
突き放す茶川に涙しました。
でも最後はしっかりと抱きしめる。
あ~よかった~

自分が考える相手の幸せと、相手の考える幸せ、それは時として反対だったりする。
相手の気持ちになって考えること。
気持ちは目に見えないものだから、本当に難しい。
でも難しいからこそ、気持ちが伝わったときの嬉しさがあるのだろう。

ほかにも感動的シーンが盛り沢山で感動感動な映画でした。
透明な指輪のシーンも良かったな~
次回ツーの打ち合わせ
江ノ島近くのコンビニにて
ハーレーな連中と次回ツーリングの打ち合わせをしてきました。
次回は犬吠崎に決定。
まだ灯台を見たことが無いので楽しみです

打ち合わせを終えてちょっと走ることに。
寒そうだけど宮ヶ瀬に向けて出発。
ところが道を間違えて横浜新道に乗っちゃいました^^;
ぐるぐる走っているうちに、宮ヶ瀬はやめて江ノ島にすることに。

江ノ島近辺まで来ると日差しが暖かかったです。
でも江ノ島は大混雑で乗り入れ規制中でした。
車多すぎですわ・・・
近くのコンビニで休憩して解散となりました。

解散しても帰る方向は途中まで一緒。
R467でR246に出ようと思ってましたが、大渋滞なのでみんなの後を着いてクネクネ走ってR1の原宿交差点へ。
僕はここでみんなと別れて県道402へ。
以前に県道402を走ったときに曲がるところを間違えて迷ったことがあったので、今回はひたすら真っ直ぐ行くことに。
結構渋滞してました。
県道40に突き当たったのでとりあえず東へ。
→県道40→保土ヶ谷バイパス→R246で帰りました。

もしかしたらR1→環2を使ったほうが早いかもしれないですね。
今度はそうしてみよっかな
レザージャケット買いました
ショットのシングルライダース
レザージャケットを買いました~
ショットのシングルライダースです。

今日はお気に入りのレザージャケットを見つけるために走り回ってました。
最初に行ったのは埼玉のライコランド。
かなり広いバイク用品店なので前々から行ってみたかったのです。
感想としては、確かに広いですね~
駐輪場も広くて良いですね~
レザージャケットはどれほど沢山置いてあるのかな~♪
と、かなり期待してましたが・・・
レザージャケットの品揃えは少な目でした・・・
ナイロンのジャケットは沢山あるのになぜだ~~
それでも3着試着してみました。
それで気づいたこと。チャックの開け易さも大切ね。

ライコランドを後にして上野へ。
買うつもりはないけどコーリンへ。
コーリンは接客してくれるから気軽に質問できていいです。
とりあえず試着。
シックリきてますね。

アメ横へ。
キョロキョロしながら歩く。
いつ来ても賑わってます。
最初に見つけたレザージャケットを売ってるショップJALANAに立ち寄ってみる。
店頭にショットのシングルライダースのブラックが二つ。
ん?革質が違う?二つを見比べてみる。
同じ形。同じ柔らかさ。色が微妙に違う。
片方はブラウンでした。
ショットにもブラウンがあったんだ~
しかもかなりブラックに近いブラウン。
ビビッときました。
これいい

でも即決はしないでインターバルを置くことに。
バンソンも試着。
硬いです。
安全性ではこっちのほうが上らしい。

JALANAを後にしてアメ横を歩き倒す。
レザージャケットを置いてある店を見つけたらとりあえず入ってみる。
でもダメです。
あのスーパーダークブラウンがもう頭から離れません。
結局、アメ横を2周してJALANAに戻って買いました。

写真でも分かるように、一見ブラック。
でもよ~く見てごらん。ブラウンに見えてきたでしょ♪
外せるインナーが着いているところもvery good♪
チャックが金色なところもvery very good


プロフィール

しろきんC

Author:しろきんC
ハーレーからインディアンに乗り換えちゃった40代のオヤジです。
ツーリングに、キャンプにGO!
と言いたいところだけど、最近はほぼ育児ネタです。

愛車:SCOUT



ブログ検索



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード